園の一日
充実した日々の積み重ねが、成長のためのなによりの「栄養」です。
  あそんで、考えて、食べて、みんなとかかわって…
子どもたちの一日は、いろんな経験の連続。
未知との出合いも、おそれず乗り越えていくことのくり返しで、
少々のことにもくじけないじょうぶな「根っこ」をつくるのです。
 

9:00 登園
朝のごあいさつをします
持ち物を整理します
室内、園庭で自由にあそびます
10:00 設定保育が 始まります 写真とイラスト
お歌を歌います
お話を聞きます
リトミックをします
体育活動をします
文字あそびをします
紙芝居を見ます
パソコンで絵を描きます
製作活動をします
11:00 お昼ごはんの 準備が始まります イラスト
子どもたちの写真 12:00 お昼ごはん 子どもたちの写真
子どもたちの写真 13:00 午後の自由あそび
食事のおかたづけをし歯を磨きます
食事を終えた人から好きなあそびをします
絵本を見ます
子どもたちの写真 13:40 降園の準備が始まります
あそびのおかたづけをします
徒歩降園、バス降園、自由降園、お迎え降園の各コースに分かれます
降園の時間には大切な 意味があります。 子どもたちの自主性や適応力、思いやりの心などは、降園時の仲よし体験から育まれます。また、定められた時間の中で行動することで、適応力が養われます。毎日やさしくお話して言葉が豊かになったり、上手に人とかかわれるようになったりもします。そのような行動から、友だちとの友情が芽生え、仲よしの絆が強くなるなどの人間関係がつくられていくのです。降園は、なにげない日常の行動に思えますが、しっかりとした人間関係を築くための多くの要素を含んでいるのです。 14:00 延長保育が 始まります 子どもたちの写真
降園の時間には大切な 意味があります。 子どもたちの自主性や適応力、思いやりの心などは、降園時の仲よし体験から育まれます。また、定められた時間の中で行動することで、適応力が養われます。毎日やさしくお話して言葉が豊かになったり、上手に人とかかわれるようになったりもします。そのような行動から、友だちとの友情が芽生え、仲よしの絆が強くなるなどの人間関係がつくられていくのです。降園は、なにげない日常の行動に思えますが、しっかりとした人間関係を築くための多くの要素を含んでいるのです。 15:00 おやつ
保護者の方がお迎えにきます
  17:30 延長保育が 終了します 17:30 延長保育が 終了します